あらきけいすけのメモ帳

あらきけいすけの雑記帳2

Raspberry Pi 3BとWindows 10 PCをLANケーブル(と給電用のUSBケーブル)で直接つないで操作する

自分用の書きかけの覚書。ネット環境が無いところでラズパイをWindowsから動かすためののメモ。

要点

bonjour*1をインストールした?*2Windows 10 PC*3Raspberry Pi 3 Model BをLANケーブル(と給電用のUSB A-micro B ケーブル)で直接つないで、ウィンドウズからラズベリーパイにリモートログインできる。

しくみ

Bonjourとは、自動的にインターネットのネットワークを構成する技術であるZeroconf*4に基づいたApple社製のソフトで、ネットワークアドレスが分からないラズパイのアドレスを自動で探して繋ぐようにするために必要。作業の要点は

  • Raspberry Pi
    • 起動時にsshあるいはxrdpが起動されるようにして、いつでもリモートログインできる状態にしておく。
    • Raspberry Pi の hostname を把握しておく。初期設定は raspberrypi である。これを別の名前にするには /etc/hostname と /etc/hosts を書き換える。
  • Windows
    • Bonjourをインストールしておく
    • ラズパイとWindowsPCをケーブルを繋いで、ラズパイを起動した後で、コマンドプロンプトで"arp -a"*5コマンドを打ち込んで、有線LANが動作していることを確認する
    • Windows PCから(初期設定をいじっていないなら)"raspberrypi.local"に(sshならTeraTermなどで、xrdpならリモートデスクトップで)リモートログインする

ここに書いていないこと

WindowsとRPiの間の通信はできてはいるけれど、(例えばRPiでソフトのアップデート sudo apt-get update をしたいときに)RPiからインターネットにどのようにアクセスすればよいか。参考にしたサイトの「ブリッジ接続もしてみる」を参照。

参考にしたサイト

qiita.com

*1:bonjour Zeroconf - Google 検索

*2:[2019.3.31]bonjourサービスをアンインストールした状態でも動作した。169.254.*.*のリンクローカルアドレスが勝手に振られている状態でホスト名"raspberrypi.local"のIPアドレスの解決どうやっているんだろう?

*3:バージョン1803(OSビルド 17134.648)

*4:Zeroconf - Google 検索

*5:windows arp - Google 検索